このページの先頭です


12歳から15歳までの方の新型コロナウイルスワクチン接種

更新日:2022年11月17日

 12歳から15歳までの方を対象としたワクチン接種を以下のとおり実施しています。
 なお、ワクチン接種は強制ではありません。

注記:国が定めるワクチン接種の実施期間は、令和5年3月31日までとされています。

重複予約について

 重複予約をしないでください。
 八潮市専用予約サイト、コールセンターなどでワクチン接種の予約後、職域接種や国・埼玉県が設置するワクチン接種センターまたは他市区町村において接種することになった場合、元の八潮市での予約はキャンセルしていただきますようお願いします。
注記:キャンセルいただけない場合、貴重なワクチンが無駄になってしまう可能性があります。

使用するワクチン

1・2回目接種

  • ファイザー社製ワクチン

注記:令和4年10月1日以降も引き続き従来型ワクチンを使用します。

3回目接種

  • ファイザー社製オミクロン株(BA.1またはBA.4-5)対応ワクチン(12歳以上)

注記:オミクロン株対応ワクチンは、オミクロン株の種類(BA.1とBA.4-5)にかかわらず、オミクロン株成分を含むことで従来型ワクチンを上回る効果があることや、今後の変異株に対しても有効である可能性がより高いことが期待されています。そのため、接種間隔到達時点で、接種可能な(オミクロン株成分を含む)ワクチンの接種をご検討ください。
注記:個別医療機関では、令和4年10月31日以降、ファイザー社製オミクロン株(BA.4-5)対応ワクチンを使用していますが、国からの供給量などに応じて、ファイザー社製オミクロン株(BA.1)対応ワクチンに切り替わる可能性があります。
注記:ワクチンの有効期限が延長されているものもありますので、詳しくは以下の厚生労働省ホームページをご覧ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナワクチンの有効期限の取扱いについて(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)

接種回数

  • 3回以上

注記:1回目の接種後、通常、3週間の間隔で2回目の接種を受けてください。接種後3週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。また、3~5回目の接種は、前回接種完了日から3カ月後の同日から可能です。
注記:オミクロン株対応ワクチンの接種間隔について、前回接種完了日から「5カ月」となっていましたが、令和4年10月21日以降「3カ月」に短縮されました。
注記:オミクロン株対応ワクチンの接種は、現時点では、1人1回までとされています。

接種券の発送

1回目・2回目接種

 すでに発送しています。

3回目接種(追加接種)

 既に3回目接種券をお持ちで未接種の方は、その接種券をご使用ください。
 令和4年5月31日以前に、2回目接種を完了した方には、すでに発送しました。

2回目接種日接種券発送日
令和4年6月1日~令和4年6月30日令和4年10月14日
令和4年7月1日~令和4年7月31日令和4年10月25日
令和4年8月1日~令和4年8月31日令和4年10月28日
令和4年9月1日~令和4年9月30日
令和4年10月1日~令和4年10月15日令和4年12月1日
令和4年10月16日~令和4年10月31日令和4年12月15日
令和4年11月1日~前回の接種日に応じて順次発送

注記:3回目接種可能日となっても、接種券(クーポン券)届かない方は、保健センターにご連絡ください。
注記:接種券を紛失するなど、お手元にない場合は、再発行します。詳しくは、接種券の再発行手続き(新型コロナウイルスワクチン接種)をご確認ください。
注記:転入された方は、接種券の再発行手続きが必要です。詳しくは、転入・転出時の接種券発行手続き(新型コロナウイルスワクチン接種)をご確認ください。

4・5回目接種(追加接種)

 既に4回目接種券をお持ちで未接種の方は、その接種券をご使用ください。
 令和4年5月31日以前に、3回目接種を完了した方には、すでに4回目接種券を発送しています。

前回(3または4回目)接種日接種券発送日
令和4年6月1日~令和4年6月30日令和4年10月14日
令和4年7月1日~令和4年7月31日令和4年10月25日
令和4年8月1日~令和4年9月30日令和4年10月28日
令和4年10月1日~前回の接種日に応じて順次発送

注記:接種券を紛失するなど、お手元にない場合は、再発行します。詳しくは、接種券の再発行手続き(新型コロナウイルスワクチン接種)をご確認ください。
注記:転入された方は、接種券の再発行手続きが必要です。詳しくは、転入・転出時の接種券発行手続き(新型コロナウイルスワクチン接種)をご確認ください。

予約受付開始

 接種券がお手元に届き次第、予約することができます。

注記:ワクチン接種は、12歳の誕生日の前日から可能です。

予約方法

 ワクチンの接種は完全予約制です。予約の際は送付された接種券(クーポン券)の予約受付番号が必要です。お手元に用意のうえ、八潮市専用予約サイト、またはコールセンターへの電話でお申し込みください。なお、1回目の予約の際に、併せて2回目の予約をするようにしてください。
  また、3~5回目接種の予約については、接種券(クーポン券)がお手元に届いた時点で、前回接種完了から3か月後以降の日の予約が可能となります。

注記:個別接種を行う市内医療機関へ直接の申し込みはできません。
注記:市役所や公共施設の窓口での予約はできません。ただし、令和3年7月19日から保健センターにおいて予約受付代行窓口を設置しています。詳しくは、新型コロナウイルスワクチン接種の予約代行窓口およびワクチン接種相談窓口をご覧ください。

八潮市専用予約サイト

 市の予約サイトからご自分で予約
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。八潮市専用予約サイト(外部サイト)

電話予約

 コールセンター(0570-200-814)に電話して予約(オペレーターが予約システムでの予約を代行)

 受付時間:月曜日から金曜日まで(午前10時から午後7時まで)、日曜日(午前10時から午後6時まで)
 電話をおかけになる際は、番号をご確認のうえ、お間違いのないようにお願いします。

 注記:通話料がかかります(90秒ごとにおよそ10円かかりますが、時間帯によって異なります)。
 注記:土曜日、祝日および12月29日から1月3日までの期間は受付しません。

12歳から15歳までの方への接種について

 12歳から15歳までの方への接種については、接種前・中・後にきめ細やかな対応が必要であることから、かかりつけ医や小児科医院などの医療機関での個別接種をお勧めします。

個別接種の会場

 12~15歳になる方については、次の医療機関で接種を受けることができます。

医療機関名

住所

おぐら小児科医院

八潮市大曽根244-2

軽部クリニック

八潮市大瀬一丁目7-1(3階)

佐藤医院

八潮市伊勢野142

広瀬病院

八潮市八條2840-1

藤井クリニック

八潮市八潮二丁目2-8

ほり小児科 八潮市大瀬一丁目4-3(4階)

緑町こどもクリニック

八潮市緑町三丁目23-2(4階)

八潮駅つばめクリニック

八潮市大瀬一丁目10-12(1階・2階)

八潮耳鼻咽喉科クリニック

八潮市中央一丁目8-4(2階)

注記:5歳から11歳までの方や16歳以上の方の接種会場とは異なりますので、ご注意ください。
注記: 令和4年4月15日に発送しました12~17歳の方の接種券に同封しましたご案内の接種場所に誤りがありました。正しい接種場所は、上表をご覧ください。ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

集団接種会場

 仕事などで平日に都合がつかない方に対応するため、保健センターにおいて、土曜日に集団接種を実施します。

集団接種会場日時等
年月実施日時会場対象

使用する
ワクチン

令和4年11月5日(土)

午前9時から
正午まで
午後1時30分から
4時30分まで

保健センター3~5回目

ファイザー社製
オミクロン株(BA.1)
対応ワクチン

12日(土)
19日(土)
26日(土)
令和4年12月10日(土)ファイザー社製
オミクロン株(BA.4-5)
対応ワクチン
17日(土)

注記:集団接種会場で使用するワクチンについては、12月10日(土曜日)から「ファイザー社製オミクロン株(BA.1)対応ワクチン」から「ファイザー社製オミクロン株(BA.4-5)対応ワクチン」に切り替えます。

接種当日の注意事項

・接種券(クーポン券)、予診票、健康保険証(生活保護受給中の方は受給証)、お薬手帳(お持ちの方のみ)、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。委任状(保護者が同伴できない場合のみ)(ワード:13KB)をお待ちください。
・接種当日は肩を出しやすい服装でお越しください。
保護者の同伴が必要です。また、予診票の「新型コロナウイルス接種希望書」の自署欄は保護者が記入してください。なお、今年度16歳になる方で、現在15歳の方も同様です。
・新型コロナウイルス感染症にかかったことのある方や同居のご家族を含め体調が優れない方は、新型コロナウイルスワクチンを接種することができない場合がありますので、事前に保健センターにお問い合わせください。

参考

新型コロナワクチン~子どもならびに子どもに接する成人への接種に対する考え方~(公益社団法人日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会)

 日本小児科学会では

  • 子どもを新型コロナウイルス感染から守るためには、周囲の成人へのワクチン接種が重要
  • 重篤な基礎疾患のある子どもへのワクチン接種により、新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐことが期待される
  • 健康な子どもへのワクチン接種には、メリット(感染拡大予防)とデメリット(副反応等)を本人と養育者が十分理解し、接種前・中・後にきめ細やかな対応が必要

との見解を表明しています。また、子どもは、成人と比べ重症化リスクが低いと言われています。
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。詳しくは、新型コロナワクチン~子どもならびに子どもに接する成人への接種に対する考え方~をご覧ください。(外部サイト)


 
ワクチン接種は任意であり、強制ではありません。周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない方に差別的な扱いをしたりすることのないようにしてください。

ワクチンの有効性・安全性

新型コロナウイルスワクチンの有効性・安全性に関する情報や、海外の情報などが発表されています。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。(外部サイト)

お問い合わせ

健康福祉部 新型コロナウイルス対策課 新型コロナウイルスワクチン接種担当

所在地:〒340-0815 埼玉県八潮市八潮八丁目10番地1

電話:048-995-3381

FAX:048-995-3383

本文ここまで

サブナビゲーションここから

予防接種

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。