このページの先頭です


HPVワクチン接種費用の助成

更新日:2022年8月31日

HPVワクチンの積極的勧奨が差し控えられていた間に、定期接種の年齢を過ぎてHPVワクチンの任意接種を自費で受けた方を対象に、ワクチンの接種費用を助成します。

対象者

(1)令和4年4月1日時点に八潮市に住民登録がある方
(2)平成9年4月2日~平成17年4月1日生まれの女子
(3)高校1年生の3月31日までにHPVワクチンの定期接種を3回完了せず、高校2年生の4月1日から令和4年3月31日までに日本国内の医療機関で任意接種を自費で受けた方

対象ワクチン

2価HPVワクチン(サーバリックス)又は4価HPVワクチン(ガーダシル)
※9価HPVワクチン(シルガード)は助成対象外

助成額

HPVワクチンの接種費用として医療機関に支払った額
(最大3回接種分まで)

申請期限

令和4年9月1日から令和7年3月31日まで

申請場所

八潮市立保健センター

申請に必要な書類

(1)八潮市HPVワクチン接種費用助成金交付申請書兼請求書(様式第1号)
(2)医療機関が発行した領収書の原本、または接種費用を支払った事実、金額及び回数を証明できる書類
  (領収書等のない方はご相談ください)
(3)母子健康手帳の予防接種記録、予防接種済証、予診票の写しなど接種記録のわかるもの
(4)助成金の振り込みを希望する金融機関の預金通帳の写し
  (金融機関、支店名、口座番号、口座名義人がわかるもの)
(5)被接種者の身分証明書(運転免許所書や保険証など)
  ※申請者と被接種者が異なる場合は申請者の身分証明書

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課(保健センター) 母子保健担当

所在地:〒340-0815 埼玉県八潮市八潮八丁目10番地1

電話:048-995-3381

FAX:048-995-3383

本文ここまで

サブナビゲーションここから

予防接種

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。