このページの先頭です


新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

更新日:2022年1月4日

 新型コロナウイルス感染症による影響の長期化により、困窮している世帯に対し、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を給付します。
 このたび、申請受付期限が令和4年3月31日(木曜日)まで延長されました。

給付要件

 次の(1)から(5)のいずれかを満たす方で、収入要件、資産要件、求職活動等要件を満たす方が対象です。生活保護受給者を除きます。
 (1)総合支援資金の再貸付を終了した世帯
 (2)総合支援資金の再貸付が令和4年3月までに終了する世帯
 (3)総合支援資金の再貸付について不承認とされた世帯
 (4)緊急小口資金及び総合支援資金の初回貸付を借り終わった世帯(令和4年1月以降から)
 (5)緊急小口資金及び総合支援資金の初回貸付を令和4年3月までに借り終わる世帯(令和4年1月以降から)

収入要件

 (1)と(2)の合算額が基準額を超えない世帯
(1)市町村民税均等割が非課税となる収入額の12分の1
(2)生活保護の住宅扶助基準額

資産要件

 世帯の預貯金の合計額が収入要件(1)の6カ月分を超えない世帯(ただし100万円以下)

求職活動等要件

 次のいずれかを満たす世帯
(1)期間の定めのない就職などを目指し、次の求職活動を行うこと
・月1回以上、自立相談支援機関の面接などの支援を受ける
・月2回以上、公共職業安定所または地方公共団体が設ける公的な無料職業紹介の窓口で職業相談などを受ける
・原則週1回以上、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受ける
(2)就労による自立が困難であり、この給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと

給付額

 世帯人数によって給付額が変わります。3カ月間の給付となります。
 (単身世帯:月額6万円 2人世帯:月額8万円 3人以上世帯:月額10万円)

再支給

 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の受給期間が終了し、各種要件をなお満たす方に対して、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の再支給を行います。
 再支給の際の支給額および支給期間、支給要件などは、初回支給と同じです。

申請方法

 社会福祉課へ来庁日時の相談予約をした後、窓口で申請してください。原則窓口申請となりますが、郵送での申請を希望される場合には一度お問い合わせいただき、必ず連絡が取れる電話番号、時間を明記したうえで郵送してください。
注記:対象と思われる方には、準備ができ次第順次通知を発送します。

申請期限

令和3年7月1日(木曜日)から令和4年3月31日(木曜日)まで
注記:郵送の場合、令和4年3月31日(木曜日)当日消印有効
注記:再支給についても同様

注意事項

 申請にあたって、給付要件に該当するか必ずお問い合わせのうえ、来庁日時をご予約ください。
 申請および給付決定後も、収入要件や求職活動等要件の確認を行う必要があります。また、支給要件に該当しなくなった場合には、支給を中止することもあります。

申請書等様式

初回支給と再支給で申請書等様式が異なりますので、ご注意ください。

注記:1-3新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金再貸付不承認・過去借入状況申告書は総合支援資金の再貸付関係書類が提出できない場合のみ提出

注記:郵送申請の場合のみ提出
注記:郵送申請の場合でも必ず一度お問い合わせください。

厚生労働省新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金特設ホームページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 社会福祉課 福祉企画係

所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1

電話:048-996-2111(内線822)

FAX:048-996-2820

本文ここまで


以下フッターです。