このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
八潮市役所〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1 電話:048-996-2111(代表)
  • 開庁時間・アクセス
  • 市の組織
  • 申請書ダウンロード
サイトメニューここまで

本文ここから

水害時の避難行動

更新日:2020年5月22日

災害に対する心構え

 「自らの命は自ら守る」という意識を持ち、防災気象情報を参考にしながら自らの判断で避難行動をとるよう心掛けましょう。

避難情報

 市は、台風、豪雨等により災害発生のおそれの高まりに応じて5段階の警戒レベルを用いて、避難等に関する情報を発令し、防災行政無線、テレビ、ホームページなどで伝達します。

 警戒レベルは、災害発生の危険度と、とるべき行動を直感的に理解し、的確に避難行動ができるよう、5段階で表しており、災害発生の危険度が高くなるほど数字が大きくなります。

警戒レベル1
(気象庁が発表)

早期注意情報

防災気象情報などの最新情報に注意して、災害への心構えを高める。

警戒レベル2
(気象庁が発表)

注意報

避難に備え、避難場所や避難経路、避難のタイミングなど、自らの避難行動を確認する。

警戒レベル3
(市町村が発令)

避難準備・高齢者等避難開始

避難に時間を要する人とその支援者は避難する。
その他の人は避難の準備を整える。

警戒レベル4
(市町村が発令)

避難勧告
避難指示(緊急)

全員避難する。

警戒レベル5
(市町村が発令)

災害発生情報

既に災害が発生している状況。
命を守るための最善の行動をとる。

避難行動

 避難行動とは、数分から数時間後に起こるかもしれない自然災害から、命を守るための行動です。

 災害が発生する前に指定緊急避難場所などへ避難する「立ち退き避難」と、指定緊急避難場所などへの移動がかえって命に危険を及ぼしかねない場合は、自宅の2階や建物内のより安全な場所へ避難する「屋内安全確保」があります。

 市が発令する避難勧告等は、水害の可能性のある地域の単位で発令します。避難の対象とされた地域の中でも、住まいの状況に応じてそれぞれがとるべき避難行動は異なります。

 いざというとき、安全に避難行動がとれるようにするために、普段から自分の住む地域はどのような災害のリスクがあるか、災害が発生したときの指定緊急避難場所はどこか、安全な避難経路はどこかなどを、ハザードマップで確認しておき、ご家族、ご近所で協力して、より安全な避難行動をとりましょう。

立ち退き避難

・指定緊急避難場所へ避難すること
・公園、親戚や友人の家など安全な場所へ移動すること
・近隣の高い建物などより安全な場所へ避難すること

立ち退き避難が必要な災害の状況

・河川から氾濫した水の流れが直接家屋の流失をもたらす場合
・氾濫した水の浸水の深さが深く、平屋の建物で床上まで浸水することが予想される場合
・2階建て以上の建物で、さらに浸水の深さが深くなることにより、屋内安全確保では身体に危険が及ぶ可能性のある場合

屋内安全確保

・自宅の2階やその時にいる建物内のより安全な場所へ避難すること

屋内安全確保をとる状況

・浸水想定が浅い区域で、家屋の流失のおそれがない場合
・夜間や豪雨で見通しが悪いなど、屋外等への移動がかえって危険と判断される場合

水害時避難行動判断フローチャート
水害時避難行動判断フローチャート

避難所に持っていくもの

 市の備蓄品に無いものや数に限りもあることから、自分の必要なものは自分で持参することを徹底するようお願いいたします。

 ・食料と飲料水
 ・薬
 ・マスク(タオル等)
 ・アルコール消毒液(ウェットティッシュ等)
 ・体温計
 ・スリッパ
 ・衣類
 ・携帯ラジオ
 ・モバイルバッテリー など

二次災害の防止対策

 避難などで家を離れているときに停電が起きて復旧した後の通電火災など二次災害を防ぐためにも、避難するときには電気のブレーカーを落とし、ガスの元栓を閉めて避難しましょう。

お問い合わせ

生活安全部 危機管理防災課
所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1
電話:048-996-2111

本文ここまで


以下フッターです。
  • こまつな
  • ねぎ
  • えだまめ
  • ほうれんそう
  • とまと
  • なす
  • 山東菜
  • 天王寺かぶ

八潮市役所

〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1 電話:048-996-2111(代表) 法人番号6000020112348
Copyright (C) YASHIO CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでページトップへ戻る