このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
八潮市役所〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1 電話:048-996-2111(代表)
  • 開庁時間・アクセス
  • 市の組織
  • 申請書ダウンロード
サイトメニューここまで

本文ここから

わがまちの水道

更新日:2017年2月9日

 八潮市は埼玉県の南東部、都心から約15キロメートルの位置にあり、周囲を埼玉県草加市、三郷市、東京都足立区、葛飾区と接しています。市域は東西5.23キロメートル、南北7.45キロメートル、面積は18.02平方キロメートルの平坦な地形であり、北足立台地と野田台地にはさまれた中川低地の南端に位置し、東に中川、西に綾瀬川の自然堤防と後背湿地からなっています。
 本市は、昔から江戸の食料供給地として米や野菜の生産を中心とする純農村として栄えてきました。明治に入り埼玉県に編入され、明治22年には、八條村、潮止村、八幡村の3村となり、昭和31年3村合併により八潮村が誕生しました。その後、首都圏における人口と産業の集中の影響を受け、ベッドタウンとして急激な宅地化等により人口も増加し、昭和39年に八潮町となり、昭和47年には市制施行により八潮市となりました。
 そして、平成17年8月に開通した「つくばエクスプレス」と伴に八潮駅周辺の都市基盤整備が順調に進み、現在、人口が87,000人を超え、近代都市へと新たな発展に向け邁進しています。

八潮市の位置図

《水道事業の経緯及び主要施設》

 本市の上水道事業は、昭和34年に簡易水道(給水人口4,898人、計画一日最大給水量750立方メートル)にて給水開始しました。その間、昭和41年の第一期拡張事業を皮切りに、平成2年スタ-トした第四期拡張事業(計画給水人口95,000人、計画一日最大給水量49,300立方メートル)、の目標達成に向け今日に至っています。
 主要な施設は、自己水源として深井戸8井を有し、浄配水施設としては中央浄水場、平成8年度から稼働した南部配水場があり、それぞれ施設能力、32,000立方メートル/日、17,300立方メートル/日、計49,300立方メートル/日(計画値)です。
 平成27年度における給水件数は、39,171件、給水人口86,291人、年間総配水量10,270,060立方メートル、一日平均有収水量26,464立法メートル、有収率は、94.31%です。なお、県水は8,525,790立法メートル(総配水量に対し県水比率83.02%)を受水しています。
 その他、市民の皆さんが願う安全で安心な水のご要望に対して、八潮市の水道水の大半を賄っている埼玉県新三郷浄水場では、オゾン処理、生物活性炭処理を行う高度浄水処理施設が平成22年4月から稼動し、これまで以上に水道水が飲みやすくなりました。

《今後の課題》

 営業業務においては、平成14年4月に検針、調定収納事務の民間委託、コンビニエンスストアによる収納など経営の近代化を目指すと共に、財務会計システムの更新、給水工事台帳のファイリング導入などOA化の推進による健全経営を目指しています。
 施設整備においては、中央浄水場の耐震化を図るため、平成25年度から配水池等の更新に取り掛かるほか、駅周辺の南部地域の街づくりに伴う管網の整備、石綿管の更新事業など大きな問題の解決も急務となっています。
 また、将来にわたって安全な水道水を市民の皆様に安定して供給するに当たり、水道事業の現状を分析・評価し、「安心」「安定」「持続」「環境」の政策目標を掲げ、今後10年間の指針として「八潮市水道ビジョン」を平成21年度に策定しました。
 その他、40年以上大きな改正がなかった地方公営企業会計制度の見直しや国際的なテロ事件等の新たな問題に対応した施設管理、水道法改正による包括的な民間委託が可能になるなど、水道事業を取り巻く環境が大きな変革期を迎えております。

お問い合わせ

水道部 経営課 経営総務担当
所在地:〒340-0816 埼玉県八潮市中央一丁目3番地1
電話:048-996-4050
FAX:048-997-4803

本文ここまで


以下フッターです。
  • こまつな
  • ねぎ
  • えだまめ
  • ほうれんそう
  • とまと
  • なす
  • 山東菜
  • 天王寺かぶ

八潮市役所

〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1 電話:048-996-2111(代表) 法人番号6000020112348
Copyright (C) YASHIO CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでページトップへ戻る