このページの先頭です


八潮市の伝統物産について教えてください

更新日:2021年3月11日

 市で古くから生産されているものに「白玉粉」があります。八潮で白玉の生産が始まったのは、天保2年(1831年)といわれています。
 白玉は、もち米を原料とし、これを細かくひき乾燥させて製造するもので、特に八潮の白玉は不純物を一切使用せず、粒子が細かく舌ざわりがなめらかなのが特徴です。
 今では、ほとんどの白玉粉が和菓子の材料として使用されていますが、白玉本来の食べ方として、きな粉や糖蜜などを付けたり、ぜんざいに入れて食べるのも大変おいしいものです。
 現在、白玉粉を製造している会社が少ない中で、八潮市では2社が操業しています。

お問い合わせ

市民活力推進部 商工観光課 商工・企業立地係

所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1

電話:048-996-3119

FAX:048-995-7367

本文ここまで

サブナビゲーションここから

産業

  • 八潮市の伝統物産について教えてください
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。