このページの先頭です


脳脊髄液減少症に関する情報

更新日:2017年3月21日

脳脊髄液減少症とは

 交通事故やスポーツ外傷など、体への強い衝撃によって脳脊髄液(髄液)が漏れ出し、髄液が減少するために、頭痛やめまい、吐き気、思考低下などさまざまな症状を引き起こす病気です。
 現在、この病気については、国の研究班において、統一的な判断基準の確立と有効な治療法の研究が行われている段階であり、診断・治療方法が確立されていないことから、診療を行うことができる医療機関に関する情報を得ることが困難な状況にあります。
 埼玉県では、県内医療機関の協力のもと、「脳脊髄液減少症」の診療に関する調査を行い、その結果がホームページで公表されております。

《関連情報リンク》

《関係患者団体リンク》

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課(保健センター) 母子保健担当

所在地:〒340-0815 埼玉県八潮市八潮八丁目10番地1

電話:048-995-3381

FAX:048-995-3383

本文ここまで


以下フッターです。