このページの先頭です


雨の日の自転車事故に気をつけましょう

更新日:2020年7月10日

雨の日の自転車運転は、晴れの日と違った交通事故の危険性が高くなります

自転車を安全に利用するために、次のことに気をつけましょう。

傘差し運転はルール違反!

自転車の傘差し運転は、ルール違反であり、大変危険です。
カッパなどを利用して、両手で運転しましょう。

濡れた路面に注意!

濡れた路面は、滑りやすくなっているので、気をつけましょう。
特に、鉄製のフタやマンホール、カラーの舗装部分は滑りやすくなっています。

急ブレーキはやめましょう!

濡れた路面は、ブレーキが滑ってかかりにくくなっています。
ブレーキをかける際には、十分に距離をとり、心に余裕を持って運転しましょう。

周りをよく確認しましょう!

雨の日は、自転車運転者だけではなく、車両の運転者や歩行者等の視界も狭くなっています。
右左だけでなく、後ろもよく確認して運転しましょう。

お問い合わせ

生活安全部 交通防犯課 交通担当

所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1

電話:048-996-2111(内線288)

FAX:048-995-7367

本文ここまで

サブナビゲーションここから

交通事故に対する注意喚起

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。