このページの先頭です


埼玉県がん患者妊孕性(にんようせい)温存治療費助成事業

更新日:2021年3月12日

制度の概要

 県では、小児、思春期・若年のがん患者に対して、がん治療開始に際して行う妊孕性温存治療(注1)に必要な費用の一部を助成することにより、将来に希望を持ってがん治療に取り組んでいただけるよう支援しています。
 詳しくは、県ホームページ外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「がん患者さんの生殖機能(妊孕性)温存治療に対する助成制度」(外部サイト)をご覧ください。

注1:「妊孕性温存治療」とは、がんを治療するための化学療法や放射線療法で生殖機能が損なわれることがあるため、精子、卵子などを凍結保存して、不妊に対処する治療のこと。

助成制度に関するお問い合わせ先

県保健医療部 疾病対策課 がん対策担当
電話 048-830-3599

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課(保健センター) 母子保健担当

所在地:〒340-0815 埼玉県八潮市八潮八丁目10番地1

電話:048-995-3381

FAX:048-995-3383

本文ここまで


以下フッターです。