このページの先頭です


産後ケア事業

更新日:2024年1月4日

産後ケア事業とは

 市では、安心して出産や子育てをしていけるよう、産後ケア事業を行っています。
 産後ケア事業は、育児に不安がある、また産後のサポートが少ないお母さんを対象に、お母さんが穏やかな気持ちで育児ができるよう、助産師などの専門職による支援を行う事業です。

利用できる方

 八潮市に居住している産後1年以内のお母さんと赤ちゃんで以下の項目に当てはまる方

  • ご家族などから家事や育児などのサポートが十分に受けられない方

(例:出産後に自宅に戻っても、手伝ってくれる人がおらず不安)

  • お母さんに心身の不調がある方や育児に不安があり、専門職のサポートが必要な方

(例:お産と育児の疲れから回復しない、赤ちゃんのお世話の仕方などが分からない)
注記:母子のいずれかに疾患などがあり治療が必要な方や、感染症の疑いがある場合はご利用いただけないことがあります。

産後ケアの内容

お母さんのケア
 産後の健康確認、生活面・授乳・育児に関する相談・指導、仲間づくりなど
赤ちゃんのケア
 赤ちゃんの発育・発達の確認など

短期入所型

助産師や専門スタッフがいる施設に母子で宿泊し、必要な支援を受けられます。

利用できる時期

生後直後~4か月になる前まで(利用施設によって異なります)

利用料:1日あたりの自己負担額

5,000円(多胎児の場合は2人目以降1人につき+1,000円)
注記:市町村民税非課税世帯・生活保護受給世帯の方は利用料の自己負担はありません。

利用日数

最大6泊7日(分割利用可)

実施機関

通所型(集団)

 八潮駅前にあるメセナ・アネックスにて母子で参加するクラス。助産師などによる育児などに関する相談、歌に合わせたふれあい遊び(ベビーマッサージ)、育児講座を受けられます。ゆっくりランチしながらお母さん同士の交流もできます。

利用できる時期

1~9か月のお子さんとママ

利用料:1回あたりの自己負担額

1,500円(多胎児の場合は2人目以降1人につき+300円)
注記:市町村民税非課税世帯・生活保護受給世帯の方は利用料の自己負担はありません。

利用回数/時間

2回まで/午前10時から午後2時(昼食付)

実施機関

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。さら助産院(外部サイト) 八潮市大瀬1-10-12 大山ビル102
会場:八潮メセナ・アネックス 八潮市大瀬1-1-1

居宅訪問型

助産師が継続的にご自宅に訪問し、授乳に関する相談や育児手技等の支援を受けられます。

利用できる時期

1歳になる前まで

利用料:1回あたりの自己負担額

500円(多胎児の場合は2人目以降1人につき+200円)
注記:市町村民税非課税世帯・生活保護受給世帯の方は利用料の自己負担はありません。

利用回数/時間

原則5回/1回の訪問につき2時間程度

実施機関

ごもん助産所 八潮市上馬場4-1


利用方法

 利用を希望する方は、妊娠6カ月以降に「にじいろ子育て相談室(八潮市役所2階)」へご相談ください。
 利用には条件があります。
 保健師や助産師がご本人やご家族の状況、具体的な利用希望について面談にて伺い、申請書および問診票をご記入いただきます。
 来所での面談が難しい場合は、八潮市産後ケア事業利用申請書兼連絡同意書、問診票(妊娠中または出産後どちらかを記入)を以下よりダウンロードのうえ、郵送をお願いします。

注記:市町村民税非課税世帯・生活保護受給世帯の方は「にじいろ子育て相談室」にご連絡ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども家庭部 子ども家庭支援課 母子保健係

所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1

電話:048-996-2111(内線890)

FAX:048-999-8105

本文ここまで


以下フッターです。