このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
八潮市役所〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1 電話:048-996-2111(代表)
  • 開庁時間・アクセス
  • 市の組織
  • 申請書ダウンロード
サイトメニューここまで

本文ここから

幼児教育・保育の無償化のお知らせ

更新日:2019年10月1日

10月1日から幼児教育・保育の無償化が始まりました。

無償化には、利用する施設によって認定申請手続きが必要な場合があります。
お済みでない場合は、忘れずに手続きをお願いします。
幼児教育・保育の無償化の対象となる子ども・施設などは下表のとおりです。

  (1)認可保育施設など (2)従来型の私立幼稚園 (3)認可外保育施設など (4)障がい児通園施設
  保育所(園)、認定こども園、新制度に移行した幼稚園、小規模保育施設、企業主導型保育事業(標準的な利用料) <入園している場合> <預かり保育を利用している場合> 認可外保育施設、一時預かり、病児保育、ファミリー・サポート・センター(送迎のみの利用を除く) 児童発達支援、医療型児童発達支援、居宅訪問型児童発達支援、保育所等訪問支援など
0~2歳児 対象 住民税非課税世帯の子ども  

市から「保育の必要性の認定」を受けた住民税非課税世帯の子ども

住民税非課税世帯の子ども

利用料 無償 月額上限42,000円まで無償 自己負担分が無償
3~5歳児 対象 該当するすべての子ども 入園時期に合わせて満3歳から

市から「保育の必要性の認定」を受けた子ども

市から「保育の必要性の認定」を受けた子ども

該当するすべての子ども

利用料 無償 通常の教育時間分を月額上限25,700円まで無償 左記の金額に加え、預かり保育分として利用日数と利用実態に応じて月額上限11,300円まで無償

月額上限37,000円まで無償
注記:ただし、(2)の施設を利用している場合は11,300円から預かり保育分として無償化される額を差し引いた額を上限額とする。

自己負担分が無償
認定の手続き 不要 「子育てのための施設等利用給付認定」の手続きが必要

「子育てのための施設等利用給付認定」の手続きが必要

不要
問い合わせ 保育課(内線480) 教育総務課(内線377)

認可外保育施設、一時預かり・・・保育課(内線480)
病児保育、ファミリー・サポート・センター・・・子育て支援課(内線839)

障がい福祉課(内線428)

「子育てのための施設等利用給付認定」の手続き

 「(2)従来型の私立幼稚園」の預かり保育および「(3)認可外保育施設など」の無償化の対象となるためには、「子育てのための施設等利用給付認定」とあわせて、次の「保育を必要とする事由」のいずれかに該当し、「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

《保育を必要とする事由》
 児童と同じ住所で暮らす18歳以上65歳未満のすべての方が、就労(就労時間が月64時間以上)、妊娠・出産、保護者の疾病・障がい、同居親族の介護・看護、災害復旧、求職活動、就学などにより児童を保育することができないと認められること。

「(2)従来型の私立幼稚園」を利用している方の手続き

 受付期間や必要書類について、詳しくは施設で配布する幼児教育・保育に関する案内をご確認ください。
 申請書類は、このページの下部からダウンロードができます。

「(3)認可外保育施設など」を利用している方の手続き

必要書類を保育課窓口へ提出してください。
必要書類 子育てのための施設等利用給付認定申請書、必要書類(保育を必要とする事由が確認できる
勤務証明書など)

申請書類は保育課窓口で配布するほか、このページの下部からダウンロードができます。
《注意》家庭の状況や世帯構成によって、提出する書類が異なります。また、勤務証明書などの取得には時間を要する場合がありますので、お早めにご準備ください。

認定の決定について

 申請書類の審査後、認定の可否について決定通知をお送りします。

無償化の対象とならない費用

 通園送迎費、給食費、行事費、教材費、制服代、延長保育料などの「実費で徴収する費用」は、引き続き保護者の負担となります。これらの費用がこれまで保育料に含まれていた場合は、10月から新たに実費徴収となります。

(注記)給食費の納入方法について

・公立保育所 納付書もしくは口座振替(令和2年1月以降を予定)
・私立保育園 各園にお問い合わせください

申請書類のダウンロード

「(2)従来型の私立幼稚園」を利用している方

《対象》
・従来型の私立幼稚園に入園している方
・従来型の私立幼稚園の預かり保育を利用している方
・上記の2つに加えて、認可外保育施設などを利用している方

「(3)認可外保育施設など」を利用している方

《対象》
・認可外保育施設、一時預かり、病児保育、ファミリー・サポート・センターを利用している方

「(3)認可外保育施設など」を利用している方に向けた様式です。
 添付書類として、児童と同じ住所で暮らす18歳以上65歳未満のすべての方の「保育を必要とする事由」が確認できる書類が必要です。
なお、勤務証明書については新規ウインドウで開きます。こちらからダウンロードができます。

認可外保育施設などの設置者の方へ

 認可外保育施設などの利用料の無償化には、事前の確認申請が必要となります。手続きについては、保育課へお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子育て福祉部 保育課 保育係
所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1
電話:048-996-2111(内線314)
FAX:048-999-8105

ご利用の施設・事業によってお問い合わせ先が異なります。
認可保育施設等、認可外保育施設、一時預かり:保育課(内線314)
従来型の私立幼稚園について:教育総務課(内線377)
病児保育、ファミリー・サポート・センターについて:子育て支援課(内線839)
障がい児通園施設について:障がい福祉課(内線428)

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • 地図でさがす
  • まんまる予約
  • よくある質問
  • 情報が見つからないときは
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
  • こまつな
  • ねぎ
  • えだまめ
  • ほうれんそう
  • とまと
  • なす
  • 山東菜
  • 天王寺かぶ

八潮市役所

〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1 電話:048-996-2111(代表) 法人番号6000020112348
Copyright (C) YASHIO CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでページトップへ戻る