このページの先頭です


令和4年度からの後期高齢者医療保険料

更新日:2022年3月18日

 後期高齢者医療保険料は、今後2年間の費用と収入を見込んで2年ごとに見直しされています。
 給付費のうち後期高齢者の保険料で負担する割合が現役世代の人口減少に伴って引き上げられるため、令和4年度から、次のとおり後期高齢者医療保険料が改定されましたのでお知らせします。

(1)保険料率

保険料率 令和3年度 令和4年度
均等割額 41,700円 44,170円
所得割率 7.96% 8.38%
賦課限度額 64万円 66万円

(2)保険料の計算方法

年間保険料額(上限66万円)=均等割額(44,170)+所得割額(賦課のもととなる所得金額×8.38パーセント)

(3)均等割額の軽減

保険料率の改定に伴い、以下のとおり均等割額の軽減額も変更されます。

均等割額軽減割合 令和3年度 令和4年度
7割軽減 12,510円/年 13,250円/年
5割軽減 20,850円/年 22,080円/年
2割軽減 33,360円/年 35,330円/年

お問い合わせ

健康福祉部 国保年金課 保険賦課係

所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1

電話:048-996-2116

FAX:048-997-5445

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。