このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
八潮市役所〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1 電話:048-996-2111(代表)
  • 開庁時間・アクセス
  • 市の組織
  • 申請書ダウンロード
サイトメニューここまで

本文ここから

麻しん(はしか)について

更新日:2019年12月9日

麻しんの感染予防には予防接種が有効です。今まで麻しんに罹ったことのない方は、予防接種を受けることをお勧めします。

麻しんとは

 麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症です。
 麻しんウイルスの感染経路は、空気感染・飛沫感染・接触感染で、ヒトからヒトへ感染します。
 麻しんは感染力が非常に強く、同じ部屋にいるだけで感染することがあり、免疫のない方が感染するとほぼ100パーセント発症するといわれています。

症状

 感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。高熱は3~4日で解熱し、次第に発疹も消失します。色素沈着はしばらく残ります。
 主な合併症は、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎で、死亡する割合も1,000人に1人と言われています。

予防について

 麻しんの予防、感染の拡大防止には、予防接種が効果的です。1回接種による免疫獲得率は95パーセント以上であり、発症リスクを最小限に抑えることが期待できます。
 麻しんの定期予防接種の対象者は、早めに予防接種を受けましょう。(1期:1歳以上2歳未満、2期:5歳以上7歳未満の者で小学校就学前の1年間)
 定期予防接種対象以外の方で、麻しんに罹ったことがなく、ワクチンを1回も受けたことのない方は、かかりつけ医にご相談ください。

麻しんを疑う症状が現れた方へ

 麻しんの患者と接触した方、海外渡航歴がある方で、熱、せき、のどの痛み、目が赤くなる、発疹などの症状があった場合には、まず草加保健所に電話でご相談ください。
 受診の際は、保健所の指示に従い、マスクを着用のうえ、医療機関を受診してください。
 移動の際には、周囲の方に感染しないよう、公共交通機関の利用を避けてください。

予防接種に関する問い合わせ

八潮市立保健センター
048-995-3381

麻しんの感染に関する問い合わせ

埼玉県草加保健所
048-925-1551

関連情報

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課(保健センター) 母子保健担当・成人保健担当
所在地:〒340-0815 埼玉県八潮市八潮八丁目10番地1
電話:048-995-3381
FAX:048-995-3383

本文ここまで


以下フッターです。
  • こまつな
  • ねぎ
  • えだまめ
  • ほうれんそう
  • とまと
  • なす
  • 山東菜
  • 天王寺かぶ

八潮市役所

〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1 電話:048-996-2111(代表) 法人番号6000020112348
Copyright (C) YASHIO CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでページトップへ戻る