このページの先頭です


ほうれんそう

更新日:2017年7月6日

ほうれんそう

 アカザ科の野菜で原産地はペルシャ(現在のイラン)。日本では江戸時代初期から栽培されました。軟弱野菜といわれる経時変化の激しい野菜のひとつで、大都市に隣接している八潮市は、立地上優位性があり、広く栽培されています。暑さや雨に弱く、夏季の栽培は難しいところがあります。食べごろは通年。

ほうれんそうの写真

 やしおの八つの野菜とは

 「やしおの八つの野菜」(こまつな、枝豆、ねぎ、ほうれんそう、とまと、なす、山東菜、天王寺かぶ(天かぶ))は、平成20年に八潮の「八」にちなんで特産品紹介を兼ねて、当時の生産量などをもとに定めました。
 

ほうれんそうレシピ

お問い合わせ

市民活力推進部 都市農業課 都市農業係

所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1

電話:048-996-2111(内線299)

FAX:048-995-7367

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。