このページの先頭です


ナス

更新日:2017年7月6日

ナス

 インド原産で中国を経由し日本に入り、奈良時代には既に栽培。市では、昭和30年代ごろから盛んに栽培されています。栄養価は高くはありませんが、味は淡泊で油ものに合うほか、漬物としても広く食べられています。
 近年では、ナスの紫色の色素であるナスニンが、血管を広げ、コレステロール値を下げる効果があるといわれています。また、初夢にも「一富士二鷹三なすび」とあるように、縁起の良い野菜として知られています。食べごろは6月から9月まで。

なすの写真

やしおの八つの野菜とは

「やしおの八つの野菜」(こまつな、枝豆、ねぎ、ほうれんそう、とまと、なす、山東菜、天王寺かぶ(天かぶ))は、平成20年に八潮の「八」にちなんで特産品紹介を兼ねて、当時の生産量などをもとに定めました。
 

ナスレシピ

お問い合わせ

市民活力推進部 都市農業課 都市農業係

所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1

電話:048-996-2111(内線299)

FAX:048-995-7367

本文ここまで


以下フッターです。