このページの先頭です


天王寺かぶ

更新日:2017年7月6日

 天王寺かぶ(てんのうじかぶ)

 丸大根に似た大型のかぶで江戸時代から大阪天王寺近辺で栽培されました。市では昭和40年代後半から大原地区を中心に栽培されていました。
 肉質は、ち密で甘みが強く、ふろふきなどの煮物料理やおでんの具にすると大変おいしくいただけます。皮や葉は昆布と塩で浅漬けにもでき、あますところのない野菜です。食べごろは冬期の11から2月まで。

天王寺かぶの写真

 やしおの八つの野菜とは

 「やしおの八つの野菜」(こまつな、枝豆、ねぎ、ほうれんそう、とまと、なす、山東菜、天王寺かぶ(天かぶ))は、平成20年に八潮の「八」にちなんで特産品紹介を兼ねて、当時の生産量などをもとに定めました。
 

天王寺かぶレシピ

お問い合わせ

市民活力推進部 都市農業課 都市農業係

所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1

電話:048-996-2111(内線299)

FAX:048-999-8105

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。