このページの先頭です


さくらねこ無料不妊手術事業

更新日:2021年12月7日

 市では、公益財団法人どうぶつ基金の「さくらねこ無料不妊手術事業(行政枠)」に参加し、市内のNPO団体などと協力しながら、飼い主のいない猫に不妊(避妊・去勢)手術をする取り組みを進めています。

「公益財団法人どうぶつ基金」について

 公益財団法人どうぶつ基金は、動物の適正な飼養法の指導・動物愛護思想の普及などを行い、環境衛生の向上と思いやりのある地域社会の推進に寄与することを目的とし各種事業を行う団体です。

「さくらねこ」とは

 不妊(避妊・去勢)手術済のしるしに、耳先をさくらの花びらの形にカットした猫のことです。この耳のことを、さくら耳といいます。
 しるしをつけることで再捕獲を防ぐとともに、手術済であることがわかります。まちで「さくらねこ」を見かけたら、やさしく見守ってあげてください。

「TNR先行型地域猫活動(さくらねこTNR)」とは

 飼い主のいない猫をめぐり「猫の被害で困っている」「猫を助けたい」といった相談が寄せられています。
 こうした猫問題のある地域でまず先行して「さくらねこTNR(Trap/捕獲し、Neuter/不妊手術を行い、さくら耳カットをして、Return/元の場所に戻す)」を行うことで、さかり声によるうるささや、フン、尿のにおいが激減し、さらに繁殖を防ぎ、猫問題を解決していく方法です。

 公益財団法人どうぶつ基金では、全国で約4万頭(累計)のさくらねこTNRを行っています。
 もちろん、地域の猫問題を解決するためには、猫の面倒を見ている方が地域住民に十分配慮し、適切に飼い主のいない「さくらねこ」を地域猫として取り扱うことが必要不可欠です。

お問い合わせ

生活安全部 環境リサイクル課 環境衛生・清掃係

所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1

電話:048-996-2111(内線235)

FAX:048-995-7367

本文ここまで


以下フッターです。