このページの先頭です


胃がん検診

更新日:2022年5月26日

胃がんについて

胃がんは大腸がんに次いで日本人が多くかかるがんです。
男性はおよそ9人に1人、女性はおよそ19人に1人が、一生のうちに胃がんと診断されています。
胃がんはかつて日本人のがんによる死亡数の第1位でしたが、最近は診断方法と治療方法が向上し、男性では肺がんに続き第2位、女性は第4位となっています。
他のがんと同様、早期発見・早期治療が非常に大切です。
この機会に検診を受けましょう。

胃がん検診について

胃がん検診(バリウム検査)

<対象年齢(受診間隔)>

40歳以上(1年に1回)

<内容>

X線検査:造影剤と胃を膨らませる発泡剤を飲んで、X線撮影を行います

<自己負担金>

1,200円
検診等費用が無料になる方については、下記のページをご覧ください。
●検診等の費用が無料になる方について

<実施会場>

保健センター

<検診日>

日程は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。集団検診日程一覧表(PDF:35KB)または健康だよりをご覧ください。
注記:男性・女性共に6月22日は定員となりました。

<申し込み>

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。電子申請(外部サイト)または保健センターへの電話でお申し込み

<検診結果>

検診の結果は、検診日から1か月半後にご自宅へ郵送いたします

胃がん検診(胃内視鏡検査)

<対象年齢(受診間隔)>

50歳以上(2年に1回)

<内容>

胃内視鏡検査:小型カメラを装着した細い管を口または鼻から挿入し、胃の中を観察します

<自己負担金>

3,500円
検診等費用が無料になる方については、下記のページをご覧ください。
●検診等の費用が無料になる方について

<実施会場>

医療機関
委託医療機関は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。市内医療機関等位置案内図(PDF:2,263KB)をご覧ください

<実施期間>

7月1日~12月20日

<申し込み>

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。電子申請(外部サイト)または保健センターへ電話でお申し込み
保健センターへ申込み後、ご自宅へ通知が届いてから医療機関へ予約

<検診結果>

検診の結果は、受診した医療機関で確認してください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課(保健センター) 成人保健担当

所在地:埼玉県八潮市八潮八丁目10番地1

電話:048-995-3381

FAX:048-995-3383

本文ここまで


以下フッターです。