このページの先頭です


骨粗しょう症検診

更新日:2022年5月26日

骨粗しょう症検診について


骨粗しょう症とは、骨の強度が低下し、骨折しやすくなる病気です。
骨粗しょう症が進行すると骨がスカスカでもろくなるため、転んだりくしゃみしたりなどでも骨折を起こしてしまいます。
年齢が高くなるほどなりやすく、閉経を迎える50歳前後から骨量が急激に減少し、50歳以上の女性は4人に1人、60歳以上の女性は2人に1人が骨粗しょう症といわれています。
最近では、若い女性の骨粗しょう症も問題となっています。
太もものつけ根の骨折が生活に支障をおよぼし、寝たきりにつながることで注目されいます。
そのほかにも、脊椎圧迫骨折は単にせぼねが曲がるだけでなく、胸やけや逆流性食道炎、肺活量の減少により身体全体の機能の低下など、骨粗しょう症により様々症状が起こる可能性があります。
若いうちから骨粗しょう症検診を受け、生活習慣の改善をし、予防していきましょう。

骨粗しょう症検診

<対象年齢(受診間隔)>

20歳以上(1年に1回)

<内容>

問診、骨密度測定:かかとによる超音波の骨密度検査

<自己負担金>

200円
検診等費用が無料になる方については、下記のページをご覧ください。
●検診等の費用が無料になる方について

<実施会場>

保健センター

<検診日>

日程は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。集団検診日程一覧表(PDF:35KB)または健康だよりをご覧ください。
注記:6月19日は定員となりました。

<申し込み>

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。電子申請(外部サイト)または保健センターへ電話でお申し込み

<検診結果>

検診の結果は、初回の方は骨粗しょう症検診結果説明会で返却します
日程は、健康だよりをご覧ください
2回目以降の方は、自宅へ検診受診日から1か月半後に郵送します

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課(保健センター) 成人保健担当

所在地:埼玉県八潮市八潮八丁目10番地1

電話:048-995-3381

FAX:048-995-3383

本文ここまで


以下フッターです。