このページの先頭です


給与特別徴収の手続き

更新日:2022年12月14日

1.市民税・県民税の特別徴収制度について

特別徴収とは

 特別徴収とは、給与支払者(事業所等)が給与を支払う際に、従業員の市民税・県民税を差し引いて、従業員が居住する市町村に納めていただく制度です。
 原則として、所得税を源泉徴収している給与支払者(事業所等)は、従業員の市民税・県民税についても特別徴収することが義務づけられています(地方税法第321条の4)。
 

特別徴収制度のしくみ

注記:従業員から徴収された市民税・県民税は、八潮市へ毎月納入していただくこととなりますが、従業員が常時10人未満の事業所は、八潮市へ申請することにより、年2回で納入することができる「納期の特例制度」をご利用いただけます。
(詳細は、リンクページ「納期の特例について」をご参照ください。)

普通徴収について

 給与所得者の市民税・県民税は、原則として特別徴収することが義務づけられていますが、次のA~Fまでのいずれかの項目に該当する方は、普通徴収とすることができます。

 A 総従業員数から次のB~Fに該当する方を除いた人数が、2人以下
 B 他の事業所で特別徴収(乙欄該当者)
 C 給与が少なく税額が引けない(年間の給与支給額が96万5千円以下の場合など)
 D 給与の支払が不定期
 E 事業専従者(個人事業主のみ対象)
 F 退職者または退職予定者(5月末日まで)及び休職者(育児休業中含む)

 やむを得ず普通徴収とする場合は、「給与支払報告書(総括表)(兼)普通徴収切替理由書」の〈15 八潮市への報告人員〉欄中《普通徴収(個人で納付)》に、該当する従業員数を、「普通徴収切替理由書」には該当する項目ごとの該当従業員数を、それぞれ記入いただくとともに、「給与支払報告書(個人別明細書)」の摘要欄に該当する普通徴収切替理由の符号(普Aなど)を記入してください。
(詳細は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「給与支払報告書(総括表)(兼)普通徴収切替理由書」(PDF:406KB)に記載例がありますのでご参照ください。)

2.給与支払報告書の提出について

 給与支払者(事業所等)は、従業員が1月1日現在居住する市町村に前年中の給与支払額等必要事項を記載した『給与支払報告書』を1月31日までに提出しなければならない(地方税法第317条の6)とされ、前年度にeLTAX以外の方法で提出いただいた給与支払者(事業所等)には、12月上旬に「給与支払報告書(総括表)(兼)普通徴収切替理由書」を八潮市から郵送しております。
 新たに『給与支払報告書』を提出いただく給与支払者(事業所等)におかれましては、下表からダウンロードできますのでご活用ください。

●『給与支払報告書』の提出に必要なもの

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。給与支払報告書(総括表)(兼)普通徴収切替理由書(PDF 406KB)

給与支払報告書(総括表)を九都県市統一様式に準じた様式に変更しました。
記入箇所が増えていますが、特に赤太枠の部分につきましては、記入漏れや記入誤りがないよう、提出時にご確認ください。
給与支払報告書(総括表)の下段に、普通徴収切替理由書があります。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。給与支払報告書(個人別明細書)(PDF 193KB)

記入方法の詳細につきましては国税庁ホームページをご参照ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【国税庁ホームページ】令和4年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引き(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【国税庁ホームページ】年末調整のしかた(外部サイト)
注記:普通徴収分、前職を含むものにつきましては、必ず摘要欄にその旨を記入してください。

注記:市民税・県民税の課税資料となりますので、なるべく早めの提出(1月25日頃まで)にご協力いただきますようお願いします。
 提出が遅れてしまった場合には、市民税・県民税の課税も遅れることがあります。

給与支払報告書の電子データによる提出

 令和2年分の源泉徴収票を税務署に100枚以上提出した事業所は、令和4年分の給与支払報告書を、eLTAX(地方税ポータルシステム)もしくは光ディスクなどで提出することが義務付けられます。複数の市町村の給与支払報告書と源泉徴収票を一元的に送付できるeLTAXを是非ご利用ください。利用方法の詳細につきましては外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。eLTAXホームページ(外部サイト)をご覧ください。
 光ディスクで給与支払報告書を提出する場合は、給与支払報告書の提出期限の3カ月前までにダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「給与支払報告書の光ディスク等による提出承認申請書」(PDF:37KB)と、提出年度のCSVレイアウトで作成したテストデータを提出してください。テストデータの仕様につきましては外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。総務省ホームページ「地方税分野におけるマイナンバーの利用」から「光ディスク等により給与支払報告書を提出する場合の規格等について」(外部サイト)をご覧ください。

3.特別徴収の届出書について  

 特別徴収に関して次のような事由が生じた場合には、届出・申請が必要です。事由に応じた届出書・申請書は、市民税・県民税の税額決定通知書と一緒に送付しております「特別徴収のしおり」にありますが、下表から、届出書・申請書と記載例をダウンロードすることもできます。

異動事由 提出書類 記載例等

退職等により特別徴収ができなくなった

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。給与所得者異動届出書(PDF 70KB)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載例:(普通徴収)給与所得者異動届出書(PDF 747KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載例:(一括徴収)給与所得者異動届出書(PDF 737KB)

転勤・転職等により新たな勤務先で引き続き特別徴収することになった

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。給与所得者異動届出書(PDF 70KB)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載例:(特別徴収継続)給与所得者異動届出書(PDF 766KB)

新年度(6月以降)の特別徴収ができなくなった

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。給与所得者異動届出書(PDF 70KB)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載例:(新年度)給与所得者異動届出書(PDF 710KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載例:(両年度)給与所得者異動届出書(PDF 746KB)
新年度のみの届出の場合は、右上の年度欄中「2.新年度」に、退職等の年度(5月まで)の届出も兼ねる場合は「3.両年度」に、それぞれ丸をつけてください。

入社などにより普通徴収から特別徴収へ切り替えることになった

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。特別徴収切替届出(依頼)書(PDF 69KB)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載例:特別徴収切替届出(依頼)書(PDF 651KB)

事業所等の所在地や名称等が変更になった

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書(PDF 283KB)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載例:特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書(PDF 648KB)
(給与支払報告書の記載と、八潮市の事業所登録の内容が相違していても、この届出がないと変更処理ができません。)

従業員が10人未満で住民税を年2回の納入にしたい

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。特別徴収税額の納期の特例に関する申請書(PDF 199KB)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載例:特別徴収税額の納期の特例に関する申請書(PDF 1,904KB)

関連情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総務部 市民税課 市民税係

所在地:〒340-8588 埼玉県八潮市中央一丁目2番地1

電話:048-996-2480

FAX:048-997-5445

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市民税

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。